English

 

南浦 高志 TAKASHI MINAMIURA HAKUBA @greenclothing Photo YOSHIRO HIGAI 2019 May
今シーズンから五竜とおみゲレンデにデビューした地形パークをスラッシュする南浦 高志 TAKASHI MINAMIURA @greenclothing Photo YOSHIRO HIGAI 2019 May

*「It's your TURN」 タイトルの由来

 

 

Otis Redding の名曲「Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)」のなかで、オーティスが演奏中に「fa fa fa fa~your turn」(ハイ、トランペットの番だよ!)と歌っているのを見て、樋貝がこれだ! と。

 

 次、クールに滑ってくる(ターンする)のは君だ。 山や地形によってはライダーをレンズ越しに確認できてほんの数ミリ。静寂で真っ白な世界をダイナミックに確実にこちらに向かって滑り降りてくる彼ら。幾度と繰りかえられるターン。そのなかに一瞬と永遠が調和するアーテステックな見事なターンがある。樋貝自ら撮影してきたそれら「ライダーの結晶」を2014年から毎年1冊のペースでリリース。その最高のターンをまとめた マガジンを「It's your turn」と名付けた。今でもすごく気に入っているタイトルだ。

 It's your turn!

Title  「It's your TURN vol.5」

PAGE 32pages/monochrome

Location

Alaska,Niseko,Hakuba,Tateyama,Marunuma,Ozetokura,

Kawaba,Tignes,Tenjindaira,Myoko,Kagura,Nozawa,

Verbier,Furano,

 

COVER TASUKU MATSUURA

CENTER SPRED  TAKAHARU NAKAI

It's your TURN 全シリーズ は

こちら

Nilton Neves×Makkarinupuri. NISECO RAMP.

©YOSHIRO HIGAI

 

 

Silence is gold. It's true?

アラスカ グレンナレン(キャンバス プリント)

 

バックミラーのハイウェイの彼方にランゲル山脈が映った。8年振りのアラスカトリップが終わろうとしていた。バルディーズから独り走ってきたキャンピングカーをパーキングに停めて、来た道にカメラを構えた94年から数えて14回。アラスカと言えども、様々なことが変化しているとは言え、ここの眺めは変わらない。   

樋貝吉郎

スタジオ フィッシュアイからのおすすめ

PHOTO BOOK「JUDO AIR

"僕らがスケートボードを通して体験したこと。すべてがはじまった時代。’80s。

 スケートボードに本気で夢中になれた19歳の自分たちといま何かを手探りでさがしているひとへ捧げます。 YOSHIROHIGAI

ヘッドフォンから

速い曲が

流れると

漕ぐ足が

力強くなる

単純だ

駅までの道

同級生の佐藤がダビングしてくれた

Thrasherが作ったアルバム『SKATE ROCK』は

調子がいい。

キャバレロのバンド‘Faction’もはいっている。

 

いつものように竹下通りのスケートボードショップに顔を出すと、

「トニー・ホークが新宿に来ているよ。」と近藤さんが教えてくれた。

スラちゃんと(スラロームをやるからそう呼ばれていた)僕は

国鉄の山手線で原宿から新宿に向かい、

西新宿の超高層ビル街の

だだっ広い空き地の真ん中に設置中のランページを見つけた。

本物のトニー・ホークがいる。

僕より3歳年下だが、背は僕よりも高い。

『世界の天才ちびっ子』というテレビ番組の収録で来日したらしい

ちびっ子というにはやや無理があるトニー…

テレビ局のディレクターは悩んだんだろう。

17歳を3歳年をサバを読ませることになる。

出来上がった番組では口を歪ませながら「14歳。」

トリックの名前も次々と編集される。

ハンドプラントはモンキーバックドロップ、

フェイキーエアはムービング・リーフ、

540はムーン・ソルト(サルトではなく塩 moon salto not salt)など…

本人にその名前を言わせる徹底ぶり。

テレビの裏側を垣間みた気がした。

バックサイドワンフットエアは柔道エアとなった。

JUDO AIRの名前の由来らしい。悪くない…。

 

Yoshiro Higai

写真集JUDO AIRの表紙 写真集「JUDO AIR」は1980年代の前半から十数年間、アメリカのサブカルチャーであるスケートボードを通して、その時代を日本人の僕らが体験した記録です。毎日、ただ滑り、スケーターたちがトリックをメイクする瞬間に無我夢中でレンズを向けていました。
https://judoair.com
スノーボード写真集
1994 THE PATH TO GENESIS
 
目の前に広がる無限のパウダー。
玉井太朗と仲間達によって
開いた数々の扉。
蘇る未知への瞬間が今ここに。

『誰も行ったことのないところを旅をして、誰もやっていないことをやる。それを世界に見せる。スケートボードの写真を撮っていたことからスノーボードに出会った自分が、登山家も顔をしかめるようなロケーションに足を踏み入れるようになったのは、正直自分でも驚きだ。そのきっかけを作った玉井太朗との出会いは、この本の始まりよりも、やや遡った1985年頃…』

 

写真集「 1994 THE PATH TO GENESIS」序文より

スフィンクスと呼ばれている菱形の美しい山。その頂点は限りなく尖っていて人ひとりがやっと立つことが出来るほど。斜度55°。 ドロップ後、ジムリッピーは連続して大きな弧を描いた。

Title  Jim Rippey    Location  Alaska Sphinx

Size  A 3 (420 mm × 297 mm) Price  1000 yen (excluding tax)

More products

 overseas order

スタジオフィッシュアイのホームページです

Mt. contact

Photographer Yoshiro Higai Product Official Site studio  fish i .

As time advances, that sense of drinking a breath and turning over the page. A casual picture decorated in the room. Skating, snow skating, boat culture. Nature. Transform the molecule captured through the lens through a wide field of view like fish and send it to the world. That's the mission of YOSHIRO HIGAI.

 

I will continue to love skateboarding, snowboarding, snow skating and nature. Forever like a child. Board culture photographer from the 80's. Japanese. Mail order is also available overseas. If you have any questions, please do not hesitate to contact me. Correspondence in English OK.

 

Please contact me when you come to Japan. Whether it's snowing, skating or portrait in Tokyo, let 's have a photo session together.

Let's share art, skating, and joy! !

 

Instagram

@yoshirohigai and @studiofishi

 

 

 

 

Thank you

 

Big. Photo book「cold frame」

 

お湯がグズグズ沸騰したとしてもそれは見せかけの100℃。高地での麺料理は難しい。ここは海岸沿ターナゲンアーム(Turnagain Arm)なのでその心配はない。ヨギーなライダーとキャンピングカーに感謝。パスタにザルは必須アイテム。Ken shibuya,Hayato doe,Kazushi yamauchi 
Photo book「cold frame」Pasta.   from Alaska.

Native Indigenous Making Silver Bracelet. This is being washed.

Blue is too beautiful. I shut the shutter.

Respected with soap bubbles perfect icicles. A peaceful day in the winter of the 21st century waiting for snow (ganburi) at the house of Kutchan (Niseko).

The world is noisy and eyes turn! ! Pushing this will fly to my private blog, are you ready? kamerakun blog

(TEXT & PHOTO Yoshiro Higai)

好きなページを自由に切って自由に飾れるピンナップマガジンIt's your  TURNシリーズ

最新号 TURN vol. 5

 

FURTHER(ファーザー)の撮影。ジェレミージョーンズとその仲間たち。これから山のうえでしばらくテント泊。月に向かってハイク中。下界で雪待ちが続くなか僕の中島みゆき(CD)を指差して彼は「このミュージシャンはスゴイのか?」と。自信をもって僕がYESと言うと、さっそくPCにインストールしはじめた。    2011年 白馬にて

続きはこちら(Coming Soon)

 

ニセコのスケートランプにて。後ろにみえる山は羊蹄

アラスカのある日の朝。高い木のうえで太陽を浴びるトラネコ。目があうファトグラファー樋貝 吉郎。

ねこ好きなジェーミーリンと共に。

100万回生きるねこみたいな模様でした。
木の枝に丸まるシシカバブーキャットは、

続きはこちら(Coming Soon)

・Instagram  フォトグラファー 樋貝吉郎 本人  @yoshirohigai  Instagram !!

   (c)2009 Allrights reserved      Photographer Yoshiro higai & studio fish i

写真家 樋貝 吉郎 公式プロダクト  WEB SITE

 studio fish i  スタジオ フィッシュアイ  https://studiofishi.com