【BOOK】永久保存版 スノーボード&スキー 「ALASKA」・樋貝吉郎

 

ALASKA

アラスカ
衝動と呼べばいいのか、それとも直観なのかいつもシャッターを 切りたくなるのはそれが湧きあがる瞬間だ。

スノーボーダーなら一度は憧れるアラスカ。信頼できる仲間とキャンピングカーで寝泊まりし、運が良ければオーロラの洗礼を浴びる。ブルー、グリーン、パープルと変幻自在に変わる偉大な存在に感喜し、トリップの成功を祈る。セイナロッジでアラスカンアンバーを飲み、ロックバンドの演奏に聞き惚れ、曇りの日はなじみのマーケットへ。太陽が現れいよいよヘリに乗り込む。トランシーバーで最終確認し準備が整う。HESTRAを外しシャッターボタンに指をおく。緩和と緊張の世界。そう、ここはALASKA。静寂のなか命がけで迫ってくるスノーボーダーひとりひとりと、僕のアラスカがここにある。

【BOOK】スノーボード&スキー 「ALASKA」・樋貝吉郎

1994年から2019年まで15回にわたりアラスカで撮影してきたベストショットの数々を一冊にまとめました。これから地球がどう変わっていくにしろ、僕らは未来永劫滑り続けられる訳ではありません。ただ地球上にこんなところがあるのだということを記録にとどめておきたいそれを見てもらいたい。そういう想いシャッターを切りました。

 

文 ヒガイヨシロウ

写真集|ALASKA・樋貝吉郎

カバーの内側はこんな感じです

1994 1995 1997 1998

1999 2000 2001 2002

2003 2004 2005 2006

2007 2015 2019

自分以上の恐怖に打ち勝って斜面に飛び込み大きなトラックを描く滑り手をしっかりと記録する。ボトムに降りてくると、ライダーたちと生還の喜びを分かち合う。これほど“生”実感することはない。何度訪れても初めて訪れたときの胸の高鳴りと張り詰める緊張は変わらない。

アラスカ。地球上で最も美しい山々。その存在を知ってから、なんとしても自分の目で見てシャッターを切りたいと思った。

絵に描いたような美しく切り立った山々。その白いフィールドに大きな弧で滑り降りる滑り手たち。ラストフロンティア(最後の開拓地)と呼ばれるだけあって、人間の手が達し切っておらず、可能性を秘めている気がした。その春に日本人のスノーボーダーで初めてアラスカを滑走した玉井太朗さんから『アラスカに行ってみないか』と誘いを受け二つ返事で答えた。とは言っても、前年にフリーライドコンテスト中に起きた大雪崩の瞬間の写真が雑誌やビデオで大きく取り上げられていたせいもあり、かなりの恐怖もあった。それから日本で滑る時もアラスカのイメージでターンをした。大胆ながら絶対に転倒しない滑りが求められた。果たしてそんな付け焼き刃が通用したのだろうか。

 

ついに4月アラスカ、バルディーズに降り立った。毎朝寝床で今日が人生最後の日になるかもしれないと暗い気持ちで目を覚ました。その年の1994年から始まったイベント”キングオブザヒル”のお祭りの喧騒は怯えの気を紛らわしてくれた。最初の年はガイド無しで自分達だけで滑ることができた。僕らを乗せたパイロットが旋回して空から斜面をチラリとだけ見せ、頂上に下ろし飛び立ってしまうと、自分達だけで判断をして行動しなければならない。カメラマンは一番先にチラ見した斜面に滑り込みライダーを先回りして撮影するのだからどれだけ実力以上の無茶をしていたのだろう。それでも日本でのイメトレの効果はあったようだ。


初めの数年はバルディーズエリアにも誰も滑り降りていない山も残っていてファーストディセントとして最初に滑り降りたグループが名前をつけることが出来た。『ハポネス』はスペイン語の日本人と幸福のハピネスを混ぜた岡崎友子さんの造語だが、近年も『ハピネス』と呼ばれしてメジャーなルートになっているようだ。話は変わるがアラスカの急斜面で、パウダーというのは、実はなかなか出会えないコンディションだそうである。

彫刻刀で切れ目をいれたような縦筋のヒマラヤ襞といった雪面の形状は世界の多くの山で目にすることができるがそれらのフォトジェニックな造形物はライディングに適してはいない。4000メートル以上の標高があるヒマラヤやヨーロッパアルプスのような高山は極度の低温と大陸性気候の乾燥した雪を強烈な風が叩きつけて、柔らかい雪は下に落ち、硬く凍りついているのだ。引き換えアラスカのバルディーズの山々は海に近く標高は1000メートル足らずである。春先の豊富な降雪量と適度に湿度を含む雪は急斜面であっても雪が山にくっ付き、滑り手の夢”スティープ アンド ディープ”を実現させるのだ。また、夏のミッドナイトサン(白夜)になる前の春の時期は夜の10時近くに完全に日が沈むまでの黄色からオレンジ色の光の中を滑ることを長時間堪能できる。緯度が高いと太陽は地平線を並行するように沈んでいくからである。さらに完全に暗くなった夜には、運が良ければ夜空に神秘的な緑色のカーテンのように揺れるオーロラを目にするチャンスもある。それもアラスカの魅力だ。

 

何年通っても恐怖心が完全に無くなることはないのであるが、ヘリでも氷河にテントを張るような時も一旦板を履いて斜面に入ると恐怖はどこかに行ってしまうのだから不思議なものである。自分以上の恐怖に打ち勝って斜面に飛び込み大きなトラックを描く滑り手をしっかりと記録する使命に集中するからに違いない。ボトムに降りてくるとライダーたちと生還の喜びを分かち合う。これほど“生”を実感することはない。1994年を皮切りに2019年の間に15回も訪れた。次はいつ行けるだろう。何度訪れても初めて訪れたときの胸の高鳴りと張り詰める緊張は変わらない。



 

 

TEXT  YOSHIRO HIGAI

 

Riders&Location

 

Taro Tamai  Gaku Nagata Osamu Usami  Shawn Farmer and dudes  AWA Valdez 1994

Taro Tamai 1994

Mike Basich 1995

Craig Kelly 1997

Jim Rippey 1997

Johan Olofsson Dave Swanwick 1998

Noah Salasnek 1997

Doug Coombs 1997

Mike Hatchett  Doug Coombs  Ari Marcopoulos Johan Olofsson Jim Rippey Lisa Wax Victoria Jealouse Willy  Aaron Sedway Noah Salasnek Nate Cole Tsaina Lodge TB6,7 VHSG Valdez 1998

Tomomi Kuwahara H2O Valdez 1997

Taro Tamai Valdez 1998

Jeremy Nobis Jeremy Jones Tommy Moe Brian Savard Todd Jones TGR Skagway 1999

Toshiya Seyama Kenji Ishikawa Kohei Amemiya Makoto Takagaki  Kenji Ishikawa Alyeska Kohei Amemiya  Chugach 1998 Yuu Nishiyama Masashi Nishina Points North Cordova 2000

Katsuro Taguchi Valdez 2002

Satoshi Tsukahara Masaki Sekiguchi Kentaro Izumi Hideyuki Nagashima Takayuki Tsujii Tomoki Takaku Daisuke Sasaki Tadahiro Yamaki icon2 Skookum Glacier Chugach 2002

Takeshi Kodama Paika Glacier Denali 2004 Tomoki Takaku Skookum Glacier 2002 Kenji Kono  Valdez 2007 Shingo Takahashi Chugach 2002

Shin Biyajima 2015

Kazushi Yamauchi Hayato Doi 2006 Tomomi Kuwahara Noriko Fukushima Yoko Sasaki Kristen Kremer Yuusuke Yamauchi Munehiro Horio VHSG Valdez 2007

Yuta Kiyohara Katsuyuki Kono Fly Drake Haines  Takaoki Hashimoto Drake Olson 2015

Jamie Lynn Bryan Iguchi ASG 2015

Yuta Kiyohara Mr.Skagway Kazuhiro Kokubo Haines 2015

Shin Biyajima Valdez 2015

Northern Lights One Love 2015

Daisuke Sasaki Haines 2015

Shin Biyajima Tomoki Takaku Jason Champion Yasu Onoguchi MIND ASG Valdez 2019

Daisuke Sasaki Takaoki Hashimoto icon8 Haines 2015

 

Slide Sheet

JP Martin Gaku Nagata 1994

Tomoko Okazaki 1995

 Shuichi Hirayama 1994

Nick Perata 1994

Akio Endo 1995

Kei Ishii Hikari Suzuki Toshiya Seyama 1997

Shuji Kajiura Yuu Nishiyama Masashi Nishina 2001

Hayato Doi Ken Shibuya 2006

Masaru Yamashita 1995

 

Cinematographers

Taro Tamai AURA  Jon Freeman Creatures of Habit  Mike Hatchett Tom Day TB6,7 Standard Films  Steve Jones  Todd Jones Teton Gravity Research  Masaki Sekiguchi icon ebis films  Molly YUKIFURUTOKINI IST Pictures  Hiroyuki Yamada END OF THE LINE  Paradox films

 

Magazines

SNOWing SNOWSTYLE FREERUN Transworld SNOWboarding SNOWBOARDER FREERIDE  EX Fall Line The Last Frontier  DIGGN'MAGAZINE

 

 

渡航

1994 1995 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2015 2019

 

 

協賛

241 DONT PANIC FULLMARKS

GENTEM STICK green clothing

MSR PATAGONIA THE NORTH FACE

 

玉井太朗

高久智基

美谷島慎

田口勝朗

佐々木大輔

児玉毅

髙橋信吾

雨宮康平

石川健二

桑原(中牟田)知美

西山 勇

仁科正史

瀬山寿弥

佐々木(三宅)陽子

福島のり子

岡崎友子

堀尾宗弘

河野克幸

河野健児

国母和宏

橋本 貴興

清原勇太

山内一志

土井隼人

澁谷謙

永田学

宇佐美收

石井慶

平山周一

関口雅樹

辻井隆行

永島秀之

塚原聡

山木匡浩

和泉健太郎

Johan Olofsson

Mike Basich

Craig Kelly

Noah Salasnek

Jim Rippey

Jeremy Nobis

Bryan Iguchi

Jamie Lynn

Mike Hatchett

Tommy Moe

Doug Coombs

Victoria Jealouse

Lisa Wax

Nate Cole

JP Martin

Jeremy Jones

Ari Marcopoulos

and more

 

 

 

 

ALASKA

スノーボード写真集

title:ALASKA

 

 

サイズ A4 297×210mm

オールカラー 62ページ

カバーポスター付き*

*カバーを外すとポスターになります

Price 3,000円(+tax)

Release 2020年3月28日

Dealer
お取扱店
ONLINE STORE

他の作品をみる

アラスカのポスターをみる

写真家 樋貝吉郎 スノーボード写真集 「ALASLA」のご案内

Photographer Yoshiro Higai Official Information for Snowboard Photobook "ALASLA"

 

写真家 樋貝吉郎 オフィシャルホームページ

studio fishi

Copyright©YOSHIRO HIGAI Studio fishi