【BOOK】gyoganzine 創刊備号1st・樋貝吉郎

 ZINE リトルマガジン

gyogan zine 魚眼人 創刊号リリース。1st issue

横ノリ狂人10名によるライフスタイル コラム & 編集長 樋貝の未公開ショットも満載。永遠のレギュラーとグーフィーに届けたい、永久保存版。

gyogan zine 魚眼人

創刊号 1st issue

SHIGEO MORISHITA

 

海と土、そして植物と会話する

ザ・サーファーズ ジャーナル編集長

写真・文 森下茂男

 

NAOHIRO YOSHIDA

horizon代表。でかちょうこと吉田尚弘が生み出すアートは火花を散らせ留まることを知らない。

 

TARO TAMAI

 

パタゴニア アンバダー

ボードデザイン革命家。

インタヴューでは少年期、目の当たりにした環境破壊の話から今を生きるモチベーションと哲学にフォーカス。

魚眼レンズで空を見上げると

まるで宇宙から地球を覗いているかのようだ

魚眼人という名前はここからきている

アクションスポーツとフォトグラファーとをリンクさせる 象徴だと思うからだ

アクションフォトグラファーたちは魚眼レンズを好んで使う

なぜならば表現者たちの内面の小宇宙を表現してくれるから

とは言え、かなり癖がある、特殊なレンズだ

構える高さとアングルで見え方が激変する

対象にグッと寄らなければ画にならない

表現すること

視野を広く持つこと

完璧じゃなくても、偏ってもいい…

 

TEXT YOSHIRO  HIGAI

gyogan zine 魚眼人 創刊号 1st issue Taro Tamai/2012年 ロングインタヴュー 福島、南極、富士山、UTM、オリジナルコラムなど 【contents】 ・玉井太朗インタヴュー 13page ・グラビア ベリーダンス ayla ・家庭菜園考 森下茂男 ・Less is more 岡崎友子 ・南極 奈良亘 ・UTMF完走記 舘下智 ・福島 平 学 ・Guide of Mt.Fuji 高柳光政 ・土からの贈り物 古田 常子 ・Photos ダンス、スノーボード、 スノーサーフ、スケートボード、BMX… サイズ B5 ページ 64page 印刷 オールカラー 編集 YOSHIRO HIGAI 制作 STUDIO FISH I 発行 スタジオフィッシュアイ 発売 2013年 12月 定価 800円(w/o tax)
ONLINE STORE

玉井太朗さんのスペシャルインタヴュー

ダウンロード版 

有料ダウンロード版は、本誌と同じ玉井太朗さんのインタヴューと共に紙媒体では表現しきれない美しい画像に加えヒガイヨシロウによるT.Tにまつわるエピソードコラムがお楽しみいただけます。

 

▼ヒガイヨシロウ コラム

4ヶ月後、アラスカ、バルディーズに来ていた。ビデオで観たままの光景。ヘリのパイロットもベトナム帰りのチェット・シモンズだ。トレードマークのミラーサングラスと腰につけたピストルは本物である。玉井太朗はリアルなフィールドに立つと生き生きとする。いくつもストックしてある滑りたいポイントのひとつをチェットに伝える。チェットは低い声でヘリの代金であるカジノのプラスチック製のチップの色を答える。ヘリは大きく機体を傾けながら旋回する。玉井太朗はしっかりと(続きは有料コンテンツ)……

無料サンプルを読む

リトルマガジン

 

gyogan zine ZERO

創刊準備号(0号)

release 2012

 

写真家 樋貝吉郎 オフィシャルホームページ

studio fishi

Copyright©YOSHIRO HIGAI Studio fishi